日用・オフィス雑貨と内外装

JCSS校正ならJEMICへ

1891年創業という長年の歴史によって培われてきた電気機器の検査業務における技術力は当社の強みです。対象エリアは、北海道と東北と中部と北陸と関西と中国と四国と九州と沖縄地方で、それぞれ支社があります。対象エリアへのメッセージは、確実で公正な技術によって生まれる確かな信頼、それが私たちの信じる技術です。電気計器、証明用電気計器等の検定について、適正な料金、かつ正確な技術で実施し、社会に貢献しています。特定校正は、計量法校正事業者登録制度(JCSS:Japan Calibration Service System)の登録を受けようとする事業者及び登録を受けた事業者の標準器(特定二次標準器)の校正を行います。感電による事故を未然に防ぐためにも、定期的な点検をおすすめします。電気メーターの検定及び計測器の校正等をおこなうる公正中立な私達からお客様へのメッセージをお伝えします。料金は、電気計器の検定や変成器付電気計器検査などPDFでサイトに掲載していますので、事前に情報として知ることができます。特許を幾つか出願しており開発技術が優れているのが本社の強みです、他社に負けず劣らず自社独自の開発理念で安心を提供します。産業界への計測技術の普及を目的としてた計測技術セミナーを定期的に開催し、計測器を使用される皆様に計測技術をお伝えしています。JEMICは、幅広い品目についてJCSS校正を行っておりますが、JCSS校正範囲外につきましては、当所の定める技術基準に基づき、一般校正を行います。本イベントでは、計量器の展示、計量クイズ体脂肪付体重計体験コーナー、小学生の棒はかり製作コーナーなどを実施します。創業120年以上を誇る経営力と、信頼と実績を積み重ねた確かな技術力で、これからの日本産業の発展に貢献します。我が社は、電気の取引の適正な実施をするために、電気計器の検定等の業務を行っている公正中立な機関です。公平な電気取引を実現するため、他社との違いより厳密で適正な検定・検査を公正中立な第三者機関として日々努めています。ターゲット層は、電気の取引に使用する電気機器の検定を必要としている企業や貸ビルやアパートを経営する個人です。認定範囲は、JCSS認定(登録)校正事業者としてJCSS校正を行っています。当社の主力商品・サービスは、日本全国各地の電気メーターの検定および計測器の校正や、セミナーの実施です。

関連記事

ページトップへ