日本における北欧家具の人気とその店舗数増加について

北欧家具と聞くとどのようなイメージが浮かぶでしょうか。あたたかい、かわいい、ナチュラル、しっかりしている、このどれもがその特徴としてあてはまります。北欧とは、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイスランドの5つの国を指します。北欧の国の人々は、長く厳しい冬の間に家に閉じこもることが多く、家の中を少しでも快適なものとするため家具に機能性や実用性はもちろん見た目でも飽きがこないようデザイン性も求めました。その結果、今ではひとつの家具のジャンルとしてヨーロッパだけでなく世界中で愛されるようになったのです。日本でも北欧家具はインテリア好きの人々の中で根強い人気を持っており、大型家具専門店はもちろんのこと、それだけを専門に扱う店舗も増えており、近年ますますその人気に火がついています。北欧家具は、一見シンプルで物足りないと感じるかもしれません。しかしだからこそどのような家でも合わせやすく、またシンプルなものを好む日本人の感性によりなじみやすい家具なのです。和風の家においてもコーディネートしやすく、幅広い年齢層に愛されていることも人気の一因であり、地域を選ばず今後ますますその店舗数は伸びていくことでしょう。

北欧家具の人気店舗について

北欧家具については最近人気が高まっており、店舗も増えています。大規模な店舗も増えてきており、臨海部など広大な土地を確保できるエリアに立地していることが多く、広大なエリアに、多くの商品数を揃えているなど、国内の家具店と比べてもその特徴が出ています。北欧家具については、色合いが非常にきれいであり、持っていると家に温かみを持つことができます。また、独特のサービスを行なっているところも多く、そういった点からも、人気が非常に出ています。また、大手の北欧家具の店舗については、実際の部屋の様子を復元した形で、実際に家具をどのように配置するかなどを想定して買うことができます。また、家具のサイズを測ることが出来るメジャーなども置いてあり、実際に使うということにこだわった店作りになっており、使っている場面が思い浮かべやすいです。また、もう一つの特徴として、展示物は完成しているものですが、実際に購入する際には、パーツごとにわかれており、持って帰って自身で組み立てるというものがあります。もちろん、費用を払えば組み立ててもらってから納入することも可能ですし、自身で組み立てるということも楽しみの一つであると言えます